M&Aアドバイザリー
サービス

マッチングのスピード、
的確さ、柔軟性が強み
企業/事業を知り、
企業間の未来をつなげていく

M&Aアドバイザリーサービスの特徴

特徴1:迅速性

独自のプロセス、精緻なターゲティング、既存のアクセスを含めた譲受候補への幅広いリーチにより、成約までを迅速に対応しております

特徴2:透明性

譲渡をご検討される方に対して、関心を有する譲受候補のみならず、関心を有しなかった譲受候補についても、その理由等をきめ細やかにご説明。譲渡をご検討される方の、M&Aプロセスにおける不安を軽減します

特徴3:的確性

譲渡企業、事業および業界の正確な理解に基づいて、譲受候補に広く適切にアプローチ。
譲渡をご検討される方のニーズに対して、的確に合致した譲受相手を見つけます

特徴4:柔軟性

長期的にM&Aを取り組みたいというニーズに対しても、様々な手法の検討・アプローチの工夫、バリューアッププランの策定実行など、高い専門性を活かしたソリューションを提供します。
また、その派生として、事業拡大のために増資等自社の株式を活用したソリューションも提供しております

特徴5:秘匿性

譲渡をご検討される方のニーズに合わない譲受候補の排除等、情報管理を徹底。多くの企業にアプローチしながらも、高い情報秘匿性を維持したサービス提供を行っています

M&Aプロセスについて

当社の通常のM&Aプロセスについてご紹介します。ケースバイケースで順序や内容などが変更になることもございます。

譲渡企業(事業)の理解を含めるヒアリングおよび資料受領と同時に譲受候補のターゲティング、実名開示前・後の案内資料の作成に着手します。
当社が受領する譲渡企業(事業)に関する資料は必要最低限かつ優先順位が明確であるため、譲渡をご検討される方の準備も含めて、すべての準備を同時並行的に進行することが可能です。これにより、準備期間の短縮が可能となります。また、ターゲティングにおいては、シナジーが創出されるであろう企業を広く検討し、当社の既存コンタクト先だけではなく、ニーズを満たす譲受候補を探します。

独自のターゲティングに基づき、譲受候補へのアプローチを開始。譲受候補の初期的な関心の確認後、譲渡をご検討される方への①譲受候補の概要や②初期的な関心を持った理由、その他ご説明に基づき、ご承諾をいただいた後、逐次実名開示手続きを行います。その後、企業概要やその他資料の送付、そして譲受候補とのマネジメント面談を譲受候補の関心度合いに応じて設定します。
当社が、譲受候補に対して、譲渡企業(事業)の魅力、強み、またその源泉となっているものを適切に説明することで、譲受候補が、適切な初期的関心を持てるよう努めています。
同様に、譲渡をご検討される方に対しても、実名開示やマネジメント面談における譲受候補の関心度合い&関心事項を詳細にご提供することで、様々なご判断が適切に行えるように努めています。
また、譲渡をご検討される方に対して、当社は、譲受候補企業へのアプローチ状況についても随時情報公開をいたします。譲受ニーズの有無やその理由も含めて、きめ細かい情報提供を実施しております。

譲受への本格的な交渉に進む相手を絞り込みます。
譲渡を検討される方は、譲受候補企業から、譲受における諸条件等を記載した意向表明書を受領します。なお、この意向表明書には、金額、スキーム、譲渡後の事業運営方針などの、譲渡をご検討される方が絞り込みにおいて検討したい項目を盛り込むことが可能です。
譲渡をご検討される方は、意向表明書の中から基本合意書を作成&締結し、優先的に交渉する譲受候補を絞り込みます。

譲受企業による精査プロセス(デューディリジェンス)を経て、最終契約書締結からM&A成立までのプロセスとなります。
デューディリジェンスに関わる準備や内容は個別の案件により異なりますが、譲受企業およびその関係者(デューディリジェンス関係者)との適切なコミュニケーションによって円滑に進めていくことは重要です。
当社は高い専門知識や経験に基づき、譲受企業およびその関係者との調整や譲渡をご検討される方に対する、M&A成立に向けたサポートをきめ細かく行なっていきます。また、この過程において、最終的に交渉がまとまらなかった場合のバックアッププランも常にご用意しております。バックアッププランの周到な用意、ご説明も、当社の特徴の1つです。

サービス内容

譲渡・譲受双方の企業およびその事業と業界に対する深い理解、的確なニーズ把握3,000社超の意思決定者へのアクセスや、それにとどまらない譲受候補企業の探索力、そして、M&A実務に関する高い専門性、これらを活かした迅速かつきめ細やかなサービスを提供しております。
さらには、段階的なM&A、事業提携→M&A、バリューアッププラン策定&実行→M&A といった長期的なM&Aへの取り組みにも柔軟に対応しております。

M&Aおよび資本に関する広いストラクチャに対応

  • 資本提携

    より対等な立場での企業関係の構築

  • 資本調達

    増資による資金調達

  • 事業承継

    第三者への経営承継

  • グループ会社化

    経営陣はそのまま他社のグループ企業に

  • 事業譲渡

    事業ポートフォリオの見直し

具体的には・・・こんなニーズにお応えしています

  • 事業承継 や 事業譲渡 において望む相手が見つけたい

  • 事業基盤を安定させ、さらなる成長を求めるために、他社のグループ会社となりたい

  • 段階的なリタイアメントプランとして、まず他の会社の傘下に入りその後リタイアしたい

  • まず、業務上のつながりを持って、本当に信頼できる企業に安心して事業を承継したい

  • 将来のM&Aに備えて今のうちにバリューアップを図りたい

  • 他の企業に株主になってもらい、事業の信頼度を向上させたい

  • 事業上のメリットも追求しながら、資金調達も図りたい

M&Aに関する当社の想い

なぜ、譲渡 譲受 双方を理解する必要があるのか

経営者がM&Aでの第三者への企業譲渡を考える際に、譲渡金額の他にも、従業員、取引先といったステークホルダーとの関係、自らが育て上げてきた事業の将来 といった重視したい項目はたくさん存在します。想いも異なるがゆえに、企業経営者毎にその重要性のバランスが違うのは当然のことです。
そして、それは、譲受企業においても同様で、M&Aを活用して実現したいことは企業毎に異なることも当然のことです。
その両者をM&Aアドバイザリーがつなぐのだとすれば、お互いのことをよく理解することが、当然のこと となります。

なぜ、譲受企業を常に探す必要があり、提案が必要なのか

世の中には無数の企業が存在し、そこには無数のニーズが存在します。そのため、最良の譲受企業を探すには数も必要です。
また、世の中には積極的に情報収集をして常にM&Aの機会を模索している譲受候補企業もいれば、M&Aアドバイザリーの提案から真剣に検討を開始する譲受候補企業もあります。そのため、最良の譲受企業を探すには提案も必要です。
また、お互いに企業同士が本当によく知るためには、数回の面談では不可能だと思いませんか? おそらく中小企業M&Aにおいて、最高の出会いを提供するためには、譲渡をご検討している方の状況に応じた柔軟で適切なプランニング、テクノロジーを駆使しながら迅速かつ多数へのアプローチが不可欠です。当社ではそうしたサービスを目指し、実際に、提供をしております。

M&Aを活用して、多くの中小企業に未来の活路を

また、M&Aは単なる手段、手法であり、そこには実現したい何かがあるべきです。
譲渡をご検討される方はM&Aをしたいのではなく、事業承継や事業基盤の安定といった目的が存在するはずです。
成長手段としての資本提携や資金調達も含めて、「中小企業にも、M&Aを使って、色々な夢や未来を実現してもらいたい」。これも当社が実現したい想いの一つです。

1社1社 企業戦略やバリューを理解してマッチング

譲渡 譲受 双方の企業およびその事業 業界を深く理解。M&Aの高い専門性で的確なマッチングへ

 譲受側

  • ・ニーズ業種
  • ・事業内容
  • ・事業戦略
  • ・業界

 譲渡側

  • ・事業価値
  • ・技術
  • ・仕組み
  • ・クライアント

3,000社以上(*)の意思決定者へのアプローチ!
これにこだわらない、妥協しない譲受候補先の探索&提案

(*)・・・2020年7月時点

中小企業やベンチャー企業まで対応可能

M&Aアドバイザリーサービス 事例

事例①(売り手)

売り手(S):健康食品製造販売会社
買い手:エステサロン運営会社

まず、当社にご相談いただいた経緯を教えてください

当社

セミナーに出席させていただき、面白そうなアプローチをする会社だという印象を持ったことと、親身になって動いてくれるのではと感じたからです

売り手(S)

続きはこちら

事例②(買い手)

売り手:電気設備工事会社
買い手(B):総合設備工事会社

今回、当社のご紹介差し上げた譲渡企業にご関心を持たれた理由は何でしょうか?

当社

当社は日頃積極的にM&Aに取り組んでいる会社ではないのですが、M&Aの機会をご紹介いただき、いずれはM&Aにも取り組まなければいけないという問題意識と相まって、当社の事業領域内の事業であったので検討してみようというのが率直な経緯です

買い手(B)

続きはこちら

もれなくM&A成約や執行までフルサポート

M&Aのプロセスにおいて、譲受候補が絞られた後のクロージング(M&A成立)までの手続きは、多くの方の予想に反して、煩雑で重要です。当社では、スケジューリングから譲受候補とのやりとり、必要手続きに関するアドバイスまで経験豊富な担当者がフルにサポートします。

手数料について

当社では、M&Aアドバイザーの手数料は、特に中小企業・ベンチャーM&Aにおいては、1、完全成果報酬であること、2、基本、譲渡側のみからいただくことが重要だと考えております。

完全成果報酬
原則 譲渡側からしかいただきません(*)

*譲受側 からの サーチ依頼 の 場合を除く
*受渡金額ベースのレーマン方式

なぜ、完全成果報酬なのか?

完全成果報酬については、M&Aが成就しない不確実性がある中で余計な費用をかけない、事業やその他大事なことに資金を使うべきとの考え方に基づいています。

なぜ、譲渡側からのみの手数料形式なのか?

譲渡側からのみ手数料をいただくことについては、譲受企業はM&Aのプロセスにおいてもデューディリジェンス等の専門家の活用に相応の費用がかかること、M&A後の統合プロセス(PMI)において支払わなくてもよくなった資金を活用していただくことによって、当社が関与するM&Aがより良いものになると考えているからです。
他にも、譲渡価格や契約書に関する交渉など、譲渡側にとっての副次的なメリットも大きいと考えております。

よくある質問

A. 弊社事例では、短い場合には3ヶ月程度、通常は6ヶ月程度となっております。ただし、事業内容や財務状況によっては左記よりも期間が長くなる可能性があります

A. 当社コンサルタントより具体的なごニーズを伺った後、スケジュール感、初期的な譲受候補のイメージや譲渡価格目線等具体的な進め方についてご説明申し上げます。まずは、お気軽にご相談ください

A. 直近の類似案件から導かれるアプローチや目線もありますが、実際に交渉する譲受候補によっても大きく変化します。そのため、類似案件とは異なる水準で譲渡価格が決まる事例が多々存在します

A. 対応しております。黒字化への見通しや事業そのものの魅力があれば、実際に譲受相手が見つかることも多くあります。

M&Aニーズ情報

M&Aアドバイザリーサービスの一環として、M&Aニーズ情報を公開しております。M&Aにおいては、譲渡側、譲受側の事業内容やM&Aにおいて望むことが多岐にわたるため、それぞれの細かな部分におけるまでニーズに沿ったマッチングを追求すべく、ニーズを紹介しております。
(一部会員限定の項目があり、情報の閲覧および問い合わせは会員登録・承認が必要となっております)

M&Aニーズ情報はこちらから