M&Aを検討されるすべての方へ
マッチング機会の最大化を目指し
登録ニーズに対するサーチ機能を組み合わせた
他とは異なる独自のマッチングプラットフォームです。
会員登録

Concerto(コンチェルト)とは

M&Aマッチングサイトを検討している方のお悩み

譲渡することを検討している方

  • 譲渡の意向を一般に公開したくない
  • 譲受候補から色々なアプローチを受けるものの、結局誰と交渉を始めてよいか分からない
  • 譲渡案件を登録したものの、なかなか譲受候補が現れない

譲受することを検討している方

  • たびたびサイトにアクセスしてニーズに合っている案件が登録されているか検索しなければいけないのは面倒
  • 真剣に検討したい案件なので他の譲受候補と差別化したい
  • なかなかニーズのある譲渡案件に巡り合えない

M&A仲介会社を検討している方のお悩み

譲渡することを検討している方

  • 他にも自分の譲渡の意向を検討してもらえる相手がいるかもしれない
  • 信頼できるパートナー(会計士・税理士・弁護士等)、アドバイザーがいるので任せたいのに譲受候補を探すネットワークに不安があるので他の会社・人にM&Aを頼まざるを得ない
  • 信頼できるパートナーがいるものの、M&Aをうまく進めてもらえるのか分からないので不安

譲受することを検討している方

  • 譲受ニーズに合った譲渡案件を探してもらえるのか不安
  • 譲受を検討できる案件があるのに紹介されていないかもしれない

そのお悩みConcertoが解決いたします

Concertoでは「譲渡ニーズ」、「譲受ニーズ」を登録いただくことにより、まず最初にマッチングエンジンによるマッチングを図ります。
次に、マッチングされなかった「譲渡ニーズ」、「譲受ニーズ」に対しては、Concertoが保有する企業データからニーズに合致しそうな企業をターゲティングし、アプローチすることにより、ニーズの顕在化を図ります。
これにより、譲渡を検討している方、譲受を検討している方、譲渡の相談を受けているM&A専門家、譲受の相談を受けているM&A専門家、皆が出会える可能性が高まります。
具体的には、次の流れによって秘匿性を保ちながらマッチング可能性を高めます。

Concertoは具体的なニーズを登録いただくことが要件となっています。これは、マッチング可能性を高めるとともに、案件探索の精度を高めることにつながるためです。

マッチングまでの流れ

1

登録

  • 譲渡側、譲受側ともに譲渡案件、譲受ニーズを登録
  • 譲渡側は属性のみならず、除外したい属性(同業等)を選択することができ、ノンネーム情報でも見せたくない相手属性を特定することができます
  • 特に譲受側はより具体的な譲受目的、譲受人としての特長を入力することが必須となっており、これが譲渡側に選ばれる重要なポイントになります
2

初期的マッチング

  • 登録されている情報に基づき譲渡側、譲受側のマッチングを行います
  • 譲渡側は譲受側の、譲受側は譲渡側のマッチングリストが表示され、リストからノンネームでの譲渡案件(譲受候補)概要を閲覧することができます
  • ノンネーム情報を見ることができるのはマッチングされている相手のみとなり、秘匿性が担保されます (特に譲渡側は同業、同業同地域等マッチング候補から除外することが可能です)
3

譲受側からの意思表示

  • 譲受側はノンネーム情報から譲渡案件を検討したい場合に、案件を検討リストに入れます
  • 譲渡側は譲受候補が譲渡案件を検討リストに入れた段階で、譲受候補の実名が開示され、これをもとに譲受候補に対して実名開示を行うかの検討をします
4

譲渡側の譲受候補選別
追加アプローチ

  • 譲渡側は、ステップ3の譲渡案件に関心を示した譲受候補のうちから実名を開示してもよいと考える候補を検討リストにいれます
  • 加えて、関心を示していない譲受候補(実名開示無)でも検討してもらいたい属性の候補がいる場合には、検討リストに入れることにより、この譲受候補に対してアピールをすることができます(このタイミングではこの譲受候補は譲渡案件の実名を知ることはできません)
5

マッチング確定

  • 譲渡側からアプローチを受けた譲受候補は当該譲渡案件を検討します
  • 譲受候補がこの譲渡案件を検討リストに入れた場合、ステップ4でマッチングされた譲受候補に加えて、マッチングされ、最終的なマッチングが完了します
  • あとはマッチング相手とNDA(秘密保持契約)を締結し、実名開示→交渉プロセスへ移行することとなります

M&A仲介会社の方へ

  • 譲受ニーズをご登録いただければ、Concertoがデータベースからターゲティングを行い、譲渡案件を探します。
  • そのため、ご登録されている譲受ニーズとの速やかなマッチングが可能である譲渡案件については、Concerto事務局から具体的な進め方をご相談させていただくことがあります。
  • 他方、譲渡案件をご登録される場合には、譲受ニーズ側に既にM&Aアドバイザーが就いている場合があることにご留意ください(この場合のやりとりはM&Aアドバイザー同士となります)。
  • ニーズ登録が多い場合には、Concerto事務局にて代理登録を承りますので、お問い合わせ画面より、ご依頼ください。

利用料金

留意事項

1 直接交渉の禁止

必ず案件を登録している方とやりとりを行っていただき、直接交渉を行うことは禁止します。

2 譲渡する方は交渉を開始する前にアドバイザーをつけてください

マッチング後、速やかに実名開示手続き~交渉プロセスに進むためにも譲渡することを検討しているご本人はアドバイザーをつけてください。 どのアドバイザーに依頼していいか不明な場合は、当社もしくは当社提携先をご紹介することが可能です。
譲受けることを検討しているご本人はアドバイザーをつけることが必須ではありませんが、譲渡側アドバイザーに過度に負担をかけることはフェアではないため、自社でしっかりとした実務対応の体制が整っている場合を除いてM&Aアドバイザーをつけることをお薦めします。 この場合も当社もしくは当社提携先をご紹介することが可能です。

3 その他不適切な行為

上記以外にも、正確でない情報を登録したり、M&A以外の目的でのサイト利用等不適切な行為は慎んでください(利用規約に基づき適切な処置をさせていただく場合があります)。

その他サービス

登録情報に関するアドバイス(無料)

登録情報、特に文章について十分な内容を含んでいるか、相手方にとって興味が沸く内容なのか、無料でアドバイスいたします。

インフォメーション・案件概要書作成・アドバイス

実名開示後に譲受候補に提供するインフォメーション・メモランダム(案件概要書)作成、もしくは内容についてのアドバイスを行います。(アドバイザー以外無料)

アドバイザーサポート(有料)

Concertoではより多くのアドバイザーの方々にもご利用いただきたいため、アドバイザーに対するサポートをご用意しております。 実際に交渉が開始される前のタイミングで、どの部分でどのようなお手伝いが必要かご相談いただければ、交渉において適宜サポートさせていただきます(フィーはサポート内容によりますので、ご相談ください)。

ニュース